神奈川県内で医師として働くメリット&デメリット

神奈川県の医療情報として、最後となる今回の記事では「県内で医師として働くことに関するメリット、デメリット」についてご紹介をしていきたいと思います。
ここまで、様々な情報をお伝えしてまいりましたが、医師として働くエリアを選択する際には自身にとってどのようなメリットやデメリットがあるのか、これを把握しておかなければ良い転職に結び付けることが難しくなってしまうでしょう。今回は、メリット、デメリットを共に2点ずつ、計4点の重要なポイントについてご紹介させていただきます。

メリット① 神奈川は都内へのアクセスが良好

まず、首都圏の中で神奈川県を選ぶ医師は非常に多いという事実があります。
神奈川県に関する情報を調べてみると、確かに医師が不足しているという情報が出てきますが、これに関しては全ての点で医師が不足しているわけではないという事実も、既に皆さまがご存じの通りです。
同県内において、特に人気とされているエリアは横浜市、川崎市、そして次点として相模原市がありますが、いずれの都市も人気の理由の1つに「アクセス性が非常に良い」という点があります。

もちろん、神奈川県内は比較的全域において、都内へのアクセスそのものが良好です。
人気の都市圏を選ばずとも、都内へは容易にアクセスすることができます。
東急沿線、小田急沿線などを使えず新宿や渋谷などへも1本で抜けることができますし、JRもかなりの線が通っており、神奈川県から東京へはストレスなく移動することが可能です。
そのため、都内を勤務地としている方が、都内ではなく神奈川県内に居を構えるといったケースも決して少なくありません。
ベッドタウンとして栄えている街も数多く、都内へのアクセスが容易であるにも関わらず静かな環境で生活をすることも可能なのです。

メリット② 神奈川県は医師求人が豊富

同県は、他の都道府県に比べると医師求人が豊富であることも、転職先として選ぶことのメリットと言えます。
平たく言えば医師が不足しているという事実によるものではありますが、そもそも神奈川県は人口そのものが多いため、決して医師そのものの数が少ないわけではない、という点も留意しておきたいところです。
条件的な面では、全国と比較するとあまり状況が芳しくなとするデータもありますが、これは全てのエリアにおいて同じようなデータが出ているわけでもありません。
主要な都市圏を避ける事で、好条件の求人を見つけることも容易となります。
いずれにせよ、豊富な求人があるため「転職を成功させやすい」土壌があるという点は、大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット① 神奈川県の医師は全国平均より労働時間が長い

同県の医師は、全国平均と比較すると労働時間が長いとするデータが出ています。
神奈川県の平均としては、所定労働時間が160.5時間/月となっており、超過労働時間は21.5時間/月と算出されています。
一方、全国平均では所定労働時間162.5時間/月、超過労働時間12.5時間/月となっており、神奈川県の方が残業や休日出勤などによる時間超過が多く、少し厳しい状況にあることが分かります。

デメリット② 神奈川県の医師は全国平均より年収が低い」

また、同県の医師は全国の平均値からみると年収が少し低いとするデメリットもみられます。
神奈川県の平均では1159万円の年収となっており、全国では1191万円となっているため、全国と比較してみると、やや労働時間が長く、平均年収が少し低いという点はデメリットと言えるでしょう。
しかし、差としてはそれほど大きなものとは言えず、労働環境如何によって覆る範囲内であることは間違いありません。