神奈川県で人気の科目or求められる医師像をチェック

神奈川県内で勤務することを検討している医師の皆さんにとって、自身が勤める先となるエリアの選定や、診療科目の選定などは、とても重要なポジションであり、安易に決める事ができず難しい思いを抱えてらっしゃる方も決して少なくないと思います。
エリアによって様々な需要は変わってしまいますので、結論から言えば待遇や入る時の難易度がかなり変化してしまうと考えてもいいでしょう。
そこで、今回は同県内においてエリア毎の特徴などを大まかにではありますが、少しお伝えしたいと思います。

相模原市のような中核都市では、内科系、精神科系医師の人気が高い

神奈川県と言えば首都圏近郊の方は横浜や川崎などの大都市を真っ先に挙げるものですが、県内にはその他にも医師が勤めるにあたり魅力的な都市もあります。
神奈川県の場合は、その代表となるのが相模原市と言えるでしょう。
横浜、川崎に次ぐ中核都市として名高い相模原市は、小田急線なども通っており、都内へのアクセスも比較的良いことから、これから更に人口増が期待されているエリアでもあります。

このような中核都市と言える場所では、医療に対する需要も大きく、また、住まれている方の年齢層も幅広いため、全般的に医師の需要が見込めるわけですが、中でも「内科、精神科」の医師は人気が高い傾向があると言えます。
それに加え、同県では特に内科、精神科系の医師不足が挙げられているというポイントもあります。
比較的住みやすい街と言われ、都内近郊へのアクセスが良好ということで、内科、精神科系医師の方には特にお勧めのエリアと覚えておいて頂ければと思います。

横浜市や川崎市などの大都市では、第一線で活躍できる医師が求められる

一方。横浜市や川崎市など、いわゆる大都市と呼ばれるエリアでは、基本的に医師の需要が決して高いわけではありません。
基本的には医療資源、医師自体も集中しているため、全体の医師数のみで考えてみた場合にはある程度需要を満足させていると言えます。
しかし、診療科目ごとで見てみますと、やはり医師が不足している科目などがあります。
このような大都市圏、特に同県の場合には内科、小児科、産婦人科において人材が不足しているため、いわゆる“第一線で活躍できる医師”が求められていると言えるでしょう。

神奈川県内で給与を上げたい医師は、都市圏から離れた場所で働くのがおすすめ

上記のような事情がある神奈川県ですが、同県の勤務を希望しており、給与を含む待遇面の改善を狙いたい医師のみなさんには、横浜、川崎、相模原といった都市圏を狙うよりも、まずは都市圏から離れたエリアを狙うことをお勧めします。
湖南西部、東部、県央、県西など、少々アクセスが不便なエリアもありますが、医師そのものの需要が高く、この辺りのエリアであれば、破格の好条件での勤務も可能です。