神奈川県内で働きたい医師の方は数多くいらっしゃいますが、実際には色々な求人情報をみていても、イマイチピンと来ないと言われる方も沢山いらっしゃると思います。
そこで、今回は県内での勤務を検討している医師のみなさまに、県内の病院事情などを含めた情報をお伝えするために、代表的とも言える病院を3つほどご紹介したいと思います。
いずれも、県内の学会に対して強い病院、県内では大人気の横浜市内でお勧めの病院、県内で最も歴史ある病院と、特徴のある施設ばかりです。
ぜひ一度ご覧いただき、県内の病院事情についてお知り頂ければと思います。

神奈川県内の学会に強い病院【国立病院機構 神奈川病院】

国立病院機構 神奈川病院は、県内の学会に強い病院として知られています。
数々の学会認定研修施設ともなっており、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、日本外科学会などを始めとする約15学会の名前が、公式サイトにも掲載されています。
また、地域医療機関との連携を以前より推進してきており、平成21年より地域医療支援病院としても認定がなされています。
つまり、地域医療の第一線を担うかかりつけ医を支援していく役割も担っているということです。
県内には数多く魅力的な病院がありますが、自身の要望とマッチすれば、非常にお勧めの病院と言えます。


引用:Wikipediaより

横浜市内で働きたい医師におすすめ【横浜市立みなと赤十字病院】

横浜市内での勤務を考えているのなら、横浜市立みなと赤十字病院がお勧めです。
2005年に開院したまだ新しい病医院ではありますが、日本赤十字社が指定管理者として運営を行っています。
この病院では、特に救急に関するニーズが高く、処理の早さや対応のスピーディさには定評があります。
救急で症例を積んでいきたい、様々なバックグラウンド持つ方々と関わっていきたいと考えるのなら、とてもお勧めです。


引用:Wikipediaより

神奈川県内で歴史のある病院といえば【済生会神奈川県病院】

最後にご紹介したいのは、県内でも非常に歴史ある病院である、横浜市神奈川区にある済生会神奈川県病院です。
ここは、恩賜財団済生会による開設第1号病院として知られており、公的な医療遺憾としては今も歴史を重ねているところです。
以前は急性期医療施設として中心的な役割を担っていましたが、現在は回復期リハビリテーションを中心にした施設へと運営の方向を変えています。


引用:Wikipediaより

  • 1