今現在、神奈川県での転職を検討している皆さんに今回は「医師募集に関する状況」について情報をお伝えしたいと思います。
神奈川県は、他のエリアとは違った特徴を複数抱えている地域です。 少し変わった特性があるため、医師の皆さんが転職を検討しているのであれば、細やかな情報チェックは必須と言えます。
そこで、今回は医師募集の状況に関して、3点の大きなポイントにわけて、情報をご紹介したいと思います。

神奈川県は他の都道府県と比較すると、医師募集が多い

神奈川県は他の地域と比較すると、医師の募集に関する件数が多い傾向にありますが、その理由として主なものを挙げるとすれば、2点ほどあります。

1つは、神奈川県内の人口が多いという点です。
そもそも人口数が多いことから、人口対比でみても分かる通り医療全体のニーズが高い地域と言えます。
また、国内全体の傾向としては少子高齢化の現状からも分かる通り、人口の減少が進んでいるところですが、同県に関しては数少ない「人口の増加」がデータ的にも現れているエリアなのです。

もう1つは、医師不足が深刻化しているという点です。
医師の募集が多いという事実は、イコール医師が少ないという状況を表していることに他なりません。
神奈川県内では、全体的に医師の数自体はそれなりにいるため、医師が全く足りていないのかと言われるとそういうわけではありません。

ただ、地域による偏在が深刻化しているのです。この問題は同県にて大きく取り上げられており「地域によっては医師が圧倒的に不足している」状況が続いているのです。
同県では川崎、横浜といったエリアには医師も多く、医療ニーズがある程度満足しているところですが、その他のエリアでは比較的不足が続いているため、医師に関する求人が多いものとみられます。
また、その中でも特に内科、外科、産婦人科、小児科に関しては、医師数が全国と比較してもアンダー40位以下であるため、特にニーズが高まっている科と言えます。

神奈川県内はクリニックの多さが目立つ

同県の医師数そのものは全体的に、全国平均を下回っている状況ではありますが、その傍らで、クリニックの数が多いという事実があります。
県内に存在しているクリニックの数は、実は東京、そして大阪に次いで現在では全国の中でも3番目の多さとなっています。
同じ首都圏内の埼玉などと比較すると2倍近くも差が開いており、クリニックの数がいかに多いのか、という事実が目立っているのです。
また、クリニックに関しても他の診療機関と同様「横浜市、あるいは川崎市」に密集している傾向があります。

神奈川県は横浜や川崎に医療施設が集中している

先ほども述べた通り、同県では医療に関して「医師が地域によって偏在している」とする大きな問題を抱えており、県をあげて状況の改善に取り組んでいます。
その中で、同県で特に医師が集中しているエリアとされるのが横浜市、川崎市の2地域ですが、医師のが集中している理由の1つに「医療施設が集中している」というものがあります。
救命救急センター、急性期病院、クリニックを始め、多くの施設が集中しており、医師だけでなく、医療機関、求人ともに数多い人気エリアと言えます。
首都圏近郊の様々なエリアへのアクセスが良好であるため、都内から同エリアへと通勤をする医師、あるいは逆に県内から都内へと通勤するようなケースが多いのも特徴です。

横浜

川崎